祈りは きよめであります

       103 祈りについて  祈りは、神様につながる道であります。  何も特別なことをしなくても、神様をおもい、 神様に呼びかけて、祈りの言葉を出して 下さればいいのです。  祈りはいつしなければならないということは ありません。一日一回でも二回でもいい。  絶えず祈ってもかまいません。しかし、 神様と神様のチャンネルをひねり、世界人類が と祈り言葉をおもいうかべたとき…

続きを読む

神様からのサインにこたえて下さい

        102 神の使徒  りくつではない真実というものが、すべて神を したう者の心を、支配している筈なのです。  私が神を愛するそれ以上に、神が私を抱いて 愛して下さっているという実感のなかに、 私どもは日々を過ごし、それぞれの日常の なかで祈りを献げ、この器をお使い下さいと 神によびかけるのであります。  本当のことを申しますと、すでに神様は、 私どもをそれぞれに、…

続きを読む

目に見えず 手に触れ得ないもの

       101 真実の光  私が申し上げている光は、目に見える光 だけを指しているのではありません。  私どもの生命を突き動かして、永遠の いのちへと溶け込んでゆく、神様の明るい 明るい極みのない愛情をいうのであります。  世の中を構成しているものが、目にみえる ものばかりだと致しますと、私どもの心です とか、感情といった目にみえないものは、 どこへ持ってゆけば良いのでし…

続きを読む