光ほがらかに 序

          序 
                   五井 昌久 
 人間は本来、神の光であり、宇宙神の
みこころを、この地球世界に体現してゆく存在
なのである。

 ところが、この光ということを、言葉や
イメージにとらわれて、変にせせこましく
とらえている人達が案外多いのである。

 無礙の光は、まったくほがらかに、
この宇宙世界を照らしているのであり、
人間一人一人は、その光の照らし手であって、
この光明に恥じる存在では決してないのである。

 この光をかがやかすために必要なものは、
ただ、神に対する無邪気な信頼につちかわれた
純な魂である。

 このことを、私はこの一巻において強調
したつもりである。

 神の光は、ほがらかに、つねに我等を
みちびいてゆく。世界平和の祈りのなかに、
人間の本心のなかに、この光は絶えることがない。
          昭和61年10月18日