私は 光を送りつづけている

          〇
私は、一人びとりのかなしみや歎きを
じっとみながら、光を送りつづけている。
その人の魂が、かなしみを超えて
澄みきわまるようにと祈るのである。