光ほがらかに 序

          序                     五井 昌久   人間は本来、神の光であり、宇宙神の みこころを、この地球世界に体現してゆく存在 なのである。  ところが、この光ということを、言葉や イメージにとらわれて、変にせせこましく とらえている人達が案外多いのである。  無礙の光は、まったくほがらかに、 この宇宙世界を照らしているのであり、 人間…

続きを読む