2017年04月19日

宝について

 私のところへ色んな人が来ます。
 まあこういう言い方をすると誤解する
人もあるかもしれないけれども、地位の
ある人も来るし、お金を持ってる人も
来るし、社会的に名誉をもってる人にも
会ったことはあるし、かと思うと、
その日をどうやってお米代を出そうか
といって悩んでる悲しんでる人も
来ましたし、未だに色んな人の姿をこちら
から見ておりますが、つくづく思う事は、
余分なものを持たないことの清しさ。

 ところが、人間というのは余分なものを
持ちたくなる。で又、持ちたいと想う時、
持たされている時というのは、余分なもの
だとは思わないですね。
 例えば、会社に勤めていて、月給が
上がっていく。上がっていくことはそれで
生活が楽になってくる事だから、それは
安心立命の元なんで、良かったですね、
としか言い様がない。普通ならばそう
なんだけれども、段々段々10万円で生活
していたものが20万になって、20万円
で生活していたんが30万になっていくと、
これは、30万の生活に慣れると、今度
逆に、20万にする10万にするという
のは非常に難しいんですね。
 今までの生活の習慣といいますか、
これだけの経済でこれだけの事をやって
いくというのが、もう多ければ多いことに
慣れているから、それを減らしてやって
いくというのは、何か自分の立場とか
自尊心とか、今までの経歴とかいうものも
全部否定されるような気になる。だから、
なかなか諦めていくということは難しい。
 経済一つとっても、人間というのは
なかなか不自由に出来ているんです。

 たとえば、欲というものは良い欲と悪い
欲とあってですね。悪い欲というととらわ
れているみたいだけれども。何が何でも
お金が欲しい地位が欲しい名誉が欲しい
というので、ガリガリ亡者の様に、
そういう気持ちでものを求めていって手に
している人というのを見ると、中身が
カラッポと申しますか、外見だけ色々
あるんだけれども、中身が非常に空虚な
感じがする。物質的に色々持っていても
何か非常に虚しい。何によってこの人の
心は救われていくんだろうかと気になる。
 そういう事をつくづく考えてみると、
人間がどういう時に一番自由になるん
だろうか、どういう時に朗らかになるん
だろうかということになると、自分を
忘れている時ですね。
 自分が何処に属していて、どういう
給料をもらっていて、あるいは今どういう
立場で、どういう顔して生きていくか、
生きていかなきゃいけないか、そういう
色んな煩いを忘れていって、そして、
本当に赤児の様な本当の自分の顔を
出してる、その一瞬の時に人間というのは
救われていく訳ですね。

 それは別に、宗教を持ってるもってない
に関わりなくそうなんです。私共は
そういう我を忘れた本来の自分の素顔、
ふっと出すその素顔が、5分でも10分
でも15分でも長続きをして、自分も人も
良くなっていくように祈っていく。光が
満ちてく様に祈っていく、想いや願いでは
なく、そこへ祈りが加わって、ついには
祈りによって、自分も人も皆が救われて
いくといいますかね、そういう大きな
愛情に包まれる。そこを目指す訳
なんですね。

 だから、実は、そういう風にして空に
なって無になって、そこも突き抜けて
いきますと、本当に人間というのは、
先程から言ってるように、自由になって
解き放たれる。その時に、人間というのは
何も持っていないようだけれども、実は
身も心も突き抜けて、一番の宝物を
持ってることになる、それは何か
というと、何ものにも煩わされない、
何ものにも強制されない自分自身と
いうのがそこへ素直に出せる。その時に
人間というのは一番安心するんです。

 それは私の方から言いますと、神様の愛
というものを知って、神様の自分が子供
であるということを知って、神様が全部
知って下すってるそのふるさとへ帰って、
ふっと安らぐ時に、人間というのは一番
安心するんです。そいういう風に人間
というのは出来てるもんなんです。神様と
いうのは我々のふるさとだから、別に宗教
でなくても、芸術であっても何であっても
とに角人間というのは、そのふるさとを
目指して歩いている旅人みたいなもの
ですから、そこへ我々は、どんな形で
あっても、その人達を連れて行きたいと
思う訳です。

 自分の中にある宝というものを持ち腐れ
にしないで、その宝を確認して祈って
やっていくと、益々自分自身も張り切る
ことが出来るし、輝くことが出来るし、
まわりも喜ぶことが出来る。

 これはもう、自分も他人も両方の成道
なんでしてね。道が成っていくので
あります。ですから、そこをすべての
宗教家は目指しましたし、私自身もそれを
目指して今までやって来ている訳だし、
これからもやっていく訳であります。その
為に、世界人類が平和でありますように
という祈りは、誠に絶大な力を発揮する訳
でありまして、唯無心にこの祈りを唱えて、
そうして神様に任せていく。その時に
本当に自分自身が自分自身として生きる。
 その喜びの瞬間というものを取り戻す
ことが出来る。そうして、それがずっと
続いていくと、やがて道がついていって、
自分も知らない間に、あーこんな所まで
来てしまったかというような所まで、神様
というのは連れていって下さる。
 そういう事を信じて、そうして謙虚に
なって、この祈りを唱えていきたいもの
だと思います。
    昭和63年6月13日(月)   
         五井 昌久
posted by wadatsumi at 10:45| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする