2017年04月07日

心のながれについて 序

 この法話集は、人間本来の明るい天命
について述べたものである。
 本来の我々のいのちが、神の明るい
大生命の光をうけていることを知ることに
よって、我々は肉体をもったまま、霊人と
なることができるのである。
 神の愛とゆるしと光とを感受して
いただければさいわいである。
         昭和63年8月22日
            五井 昌久
posted by wadatsumi at 07:07| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする