心のながれについて 序

 この法話集は、人間本来の明るい天命 について述べたものである。  本来の我々のいのちが、神の明るい 大生命の光をうけていることを知ることに よって、我々は肉体をもったまま、霊人と なることができるのである。  神の愛とゆるしと光とを感受して いただければさいわいである。          昭和63年8月22日             五井 昌久

続きを読む