2017年03月21日

みんな光の子ども(7)

        (前日から続く)
 この世の中は全部循環になってましてね、
その人の一生、何百生もある中の一生
なんだけど、その一生が今度はキチンと神様に
つながって、神様の働きを喜んでするように、
そういう計画のもとに、皆が生きたり
死んだりね、入れ替わったり又生まれて来たり
しているんですね。

 今からの世界というのは、もう骨肉
相食(あいは)むという状態ではないところへ
進んで行くんです。それは、人間の我だとか
想念だとかに任せていたら、もとへ戻って
しまうけれど、我々だけじゃなくて、宇宙の
星々からもいろんな援助がある。目に見えない
世界から高い援助がある。その高い援助の
中で、我々が共に祈って共に光を降ろして
いく、祈るということは、この地上に光を
降ろすということなんですね。一回祈ると
本当にものすごい範囲の中に光がポーンと
降りる。そして目には見えないけれども、
光の子供の自分がいろんな所へ行って
浄めたり祈ったりする。
              (翌日へ続く)
posted by wadatsumi at 07:57| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする