みんな光の子ども(1)

 単純に言いますとね、みんな私の 子どもだなーと。「私の」というのは、 五井先生というのは個人じゃないのね。  五井先生というのは、もう天に帰っていて、 天の私と地上の私が合体してしまったから、 一個人の五井昌久というものは、もう 無くなってしまっているんです。そして何回も 書きましたけど、空独尊、もう空になっている。  阿弥陀さんの生命が、お釈迦さんが、 あるいはキリストの生…

続きを読む