水のようにさらさらと流れてゆく生命(7)

       (前日から続く)  仕組みというのはそうなってる。だから 秩序というのは上から下へ流れて行く。  もうこれは変えられないと思うかも 知れませんけれども、確かに法則という ものは変えられないんだけれども、しかし、 法則と癒(いや)しというものがあって、その 癒しというのはヨコの働きなんです。法則 というのはタテの働きなんです。このタテと ヨコが両方混じり合って、そう…

続きを読む

水のようにさらさらと流れてゆく生命(6)

      (前日から続く)  ところが、元々混じり合うもなにも人間 というのは光一元だから、その光一元の ところへ還していこう、元へ元へというのが 我々のやっていることなんです。それには さっき申し上げたように、人類愛というものと、 自己完成というものが離れたものじゃ ないんだということ。  自然があって空気があって緑があって、 この地上に生きてるということの喜びを 感じる…

続きを読む

水のようにさらさらと流れてゆく生命(5)

         (前日から続く)  なんにしろ、神様によらないものというのは 全く無いんですね。すべてが神様の愛によって 造られて来ている。ところが、そんなものあるか、 そういうことは無いんだ、というこれも人間の 想いですね。これは地上にずっと生活して来て、 それなりの色んなしんどい事や辛いことがあると、 絶対プラスに行かないんだというように固く 信じ込んでしまう。そして何百年…

続きを読む