水のようにさらさらと流れてゆく生命(10)

       (前日から続く)  しかし地上に生活していると、やっぱり 食べることが大事、寝ることが大事、本当に 大事なことで、忘れちゃ困るし、肉体を 可愛がってやらないと困るけれども。ただ 食べるため、お金をもうけるため、立場を 守るために肉体はあるんじゃない。現れて いるんじゃない。肉体がすべてじゃない。  その奥の奥に、本当に自由自在な自分という 存在がいて、その自分とい…

続きを読む

水にようにさらさらと流れてゆく生命(9)

       (前日から続く)  そこのところを皆んな間違えてしまって、 あの人よりも私の方が何だかんだと判断 してしまう。その立場に持って行かれるのは 神様。その場所で一生懸命やりなさいと させるのは守護の神霊なんですね。だから その時いかに私を無くして素直になるか、 素直になって祈るかということによって、 すべてが決定してゆく。すべてが開いてゆく。  祈って開いてゆかないこ…

続きを読む

水のようにさらさらと流れてゆく生命(8)

          (前日から続く)  我々一人一人がそれぞれの立場で、そういう 生命というものを我々はいただいているんだ ということを、この身に刻んでゆくのが 世界平和の祈りなんです。だから、分かろうとか、 分からないとか、このあたりだとかいうのは、 これは人間の判断なんです。この人間の判断 というのは、時に応じてとても大事なんですが。  仕事が出来ない人にうんと高い仕事を …

続きを読む