水のようにさらさらと流れてゆく生命(13)

         (前日から続く)  しかし、世界平和の祈りをして、五井先生を 呼んで、悪い世界へ行く筈絶対ないんです。  死んだらいい世界へ行けるとか、悪い世界へ 行くとかというのは、これは想いが決定する と言ってますけれど、そんなチャチな世界 じゃない。やはりこの世の中で、いつも 申しましたように、明るく素直に生きるという ことがとっても大事です。暗くなりかけたら その時に…

続きを読む

水のようにさらさらと流れてゆく生命(12)

       (前日から続く)  地上の生活の中では、自分というものが 無くなっちゃったら困る訳ですけど、本当の 世界へ突入して行くと、自分というものが 有っても無くてもどっちでも構わない。  何故かというと、神様と一つになる世界 なんだから。自分というものが必要に応じれば 出て来るし、必要がなければ出て来ない。  というのが本来の光の世界なんですね。  だからそういう所まで人…

続きを読む

水のようにさらさらと流れてゆく生命(11)

       (前日から続く)  肉体というものの生命は、たかだか 50年か60年か、よく生きて80年か…  人間の本体はそんなもんじゃないですから、 7,80年の生命は何ともないわけですね。  私のように神様に生命を返してしまったと いうことは、神様と一つになってる。神様 というのは、前にも言いましたように、 無限の供給、生命の供給なんです。  ところが、無限の生命の供給…

続きを読む