2017年01月31日

さやけき生命(5)

         (前日から続く)
 例えば、自殺をする人がいるでしょ。入水する
人もあれば飛び込む人もある。色々な苦しみも
あるけれども、そういう自殺ではなくて、実際に
捨身(しゃしん)をする。自分の身を捨てて、自分が
光になって、業を消すというかたちの自殺もある。
 つまり、神様に押されて、守護霊様に押されて、
守護霊様の光によって霊界に転出するという、
その死もある。これは人間の智恵では分かりかねる。
 たとえプラットホームからボーンと飛び込んで、
肉片がいっぱい散って顔もわからない状態になった
としても、本人が本当に悲しみ嘆いて自殺する
場合と、そうでない場合とがあるんです。

 なんであの人がと思う人が不幸になったり
死んでしまったりね。あっという間に居なく
なったりする時には、何かしらの神様の方の
おもんばかりが後ろで働いている。だから、
自分がやろうと思わないことです。自分の
生命だと思わないことです。神様から流れて
来ている生命だと思うことです。

 「久遠の光、神と共に」と書いたのは、久遠の光
というのは、消えることのない絶えることのない
光ですよね。これが、我々のこの身体(からだ)を
貫いて流れている。そして、この光というものは
大宇宙につながっている。宇宙神のみこころに
つながってる。その大愛につながってる我々
というものを、自分の中で、そうだそうだと本当に
思おうとすれば、これはやっぱり祈るしかない。
 何でもいいけれども、我々は世界平和の祈りに
つながった。だから、世界人類が平和で
ありますようにと祈ってゆく時に、皆んなが
そこで光になる。
            (翌日へ続く)
posted by wadatsumi at 11:48| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

さやけき生命(4)

          (前日から続く)
 世界平和の祈りというのは、そんなものではない。
 世界平和の祈りというのは、皆んなが光一元の
生命ですよ、本当は皆んな迷ってないんですよと。
 でもそれを言ったら、じゃあ迷った人は
救われないのか、迷ってるあなたが悪いんだという
ことになると困るから、それは消えてゆく姿ですよ、
大丈夫ですよと皆をこうして連れて来たわけです。

 だけれども、今地球の進化のスピードが非常に速く
なって来ている。そこに肉体人間が肉体つけた
ままで、その進化のスピードに合わなきゃいけなく
なっている。速度を合わせなきゃならなくなって
来てる。だから、そのずれがあるから非常に
みんな辛い。個々の運命というものも、
ハイスピードで良くなったり悪くなったり、
揺れもどしが来たり、地震が来たりと、現われては
消え、現われては消えている。
 今まではゆっくり歩いてよかったのが、ちょっと
少速歩になったり、強歩になったり、ある時点では
走ったり、小走りになったりしなきゃいけない。
 今までそんなこと無かったから、一体どうなって
いるんだろう、どうなるんだろうなんですよね。

 雲仙でもそうです。あれもやはり一つの
現われですね。地球を本当に浄化して霊化させて
ゆく。肉体波動なんか持たなくても、霊体で
行ったり来たり出来る位の地球になってゆくわけで、
雲仙の噴火で亡くなられた人達の本体は、それを
知ってるんですね。でもそんなこと言ったって、
残された人達はたまらない。
              (翌日へ続く) 
posted by wadatsumi at 07:43| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

さやけき生命(3)

         (前日から続く)
 光というものは、どんなにでも働くんですね。
 神様は光の元の元です。神様というのは、
どんなふうにでも人に現われて来る。その現われて
来る時は、いい現われかたばかりではないんです。
 非常に手の込んだ、もって廻った現われかたも
あるのです。悪役も一人や二人置いといて、喧嘩を
させたり、色んなことさせたりして、神様が何故
こんなことまでされるのか?というような体験を
させて、人間の出来をもっと上にあげようとする。
 だから光によって全部ワーッと良くなるかというと、
そうでもないんですよね。それは御利益信仰と
同じことになる。

 ですから、ごほうび上げますよと言われたら、
その通りのものがポンと来ると皆思ってしまう
でしょうが、その人は何十生何百生何千生かけて
やって来た、いろんなことがあるわけですね。
 いいこともあるし、悪いこともあるし、
過(あやま)ちもある。それらが混合されて、
生命の糸をつむぐように、今色んなことに現われて
来ている訳でしょう。その中で人間が、
消えてゆく姿の中で、ただ一つの光の自分を
見つけていくためには、ものすごい苦労が要るわけ
ですよね。だから、要らないものはもうけっこう
ですと、もう辛いことはけっこうですと言いたく
なる。みんな言いたくなる。

 ところが、その人の前生に借金がまだ払って
いないものは残っているんですね。
 四次元の光が降ろされ、世界的にも個々人にも
いい方向へ行くんですが、ただその人が固有に
自分で消さないといけないものは、やはり皆、
それぞれに持っているわけで、その分だけは
なんか苦労がまだあるなぁーという
感じなんですね。

 しかし、神様は平等だから、絶対に皆んなを
幸せにするんです。だからそこに信を置けば、
どんなものが来ようと、たとえ自分が八つ裂きに
されようと、そこで「ありがとうございます。」
と言って死ねるんですが、そういうわけには
ゆかないのが人間ですね。何でこんなものが自分の
ところへ来るんだろうと、御神水も飲んでるし、
富士にも行ってるし、いっぱい愛行やっているのに、
色んな活動もやっているのに何故なんだと。これは、
御利益信仰になってきたら、うちの信仰はだめだ。
             (翌日へ続く)
posted by wadatsumi at 10:01| 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする