あるがままの いのちをいきる

神の 光が 私に ながれこみ 天地の 私が 合体して 個我の 五井昌久が 消えた瞬間 私は 光のいのち ばかりになっている 自分自身と対面し 人のいのちが みな この かがやきを もって いることを 神から 教えられて 随喜のなみだが ほほをつたった あるがままの いのちを いきる このよろこび ながれを つらぬいて 生きる いの…

続きを読む