私は いこい

私は いこいである 神への みちのりを いそぐ 人々が 足を とめて その 道標を みる 場所である さまざまな おもいを もった 人々が 私の前で やすんでゆく なげきも かなしみも 私のもとに きこえて くるが いこいで あり 道標である 私は ただ 神の 真理の 光を かがやかせ すべてを ろ過して 旅人の …

続きを読む