真の霊人をつくる

何物にも とらわれぬ心を 神は 人に降ろして 光をこの地上に ふりまかれた 神は 大愛 光の光 いつくしみと ゆるしにみちて 何物にも 何事にも 動かされず とらわれぬ 無為のいのち すべてのながれは この 神の 愛の元へと 流れて 光そのものへと 帰ってゆく 人間は こうした 無為のいのちを 神から 分けられた 存在であったの…

続きを読む