神の愛念

           〇  祈って祈って祈りぬいてそれでも祈りが きかれないというときがある。人間の眼 からは不公平にみえるこれらのことも 何生、何十生といういのちのすがたに てらした神の愛念であることが多い。  だから、この世だけで物事をはかって いると、何が何だかわからなくなるのだよ。  生きとおしのいのちを神から与えられた 自分なのだと強く信じることだ。

続きを読む