真の霊人をつくる

何物にも とらわれぬ心を 神は 人に降ろして 光をこの地上に ふりまかれた 神は 大愛 光の光 いつくしみと ゆるしにみちて 何物にも 何事にも 動かされず とらわれぬ 無為のいのち すべてのながれは この 神の 愛の元へと 流れて 光そのものへと 帰ってゆく 人間は こうした 無為のいのちを 神から 分けられた 存在であったの…

続きを読む

かえし受けるいのち

 私どものいのちは、日々神様からの光を いただいて保たれているのでありますが 自分自身を絶えずあたらしくするために 祈りがあり、一瞬一瞬に、古い自分を返し つづけているのだということを、考えて みたいと思うのであります。  一体自分とは何でありましょう。自分とは 肉体だと思う人があるかも知れない。  あるいはまた、心だと思う人があるかも 知れない。  では、私は、何と…

続きを読む

神のいのちにかえろう

      〇 いのちというものは 神の愛念に抱かれているのだ 父母未生以前 もっとそれ以前から あなた方の ふるさとである 神に 抱かれているのだ 安心して 君よ 神のいのちに かえろう 世界平和の 祈りの もとに 愛の 世界を 築いて ゆこう

続きを読む